マンション経営は失敗しないパートナー選びが重要である。時代の早さについてけないマンションオーナーの考え方では、満室経営は望めない手段を知って見直しをすれば、早く支払いを済ませて次の投資ができる。

フィルコ株式会社 代表芝辻保宏について

LINEでお気軽に物件内覧&コンサルのご相談受付中

WHY
SECOND OPINION

マンション経営・投資の手段をどのような目線で考えていますか?
弊社は、マンション経営のセカンドオピニオンとして、「銀行目線」、「税務目線」が重要と考えます。経営を見直す上で必要な「武器」をどう手に入れるかがまず重要です。
そして、手に入れた武器をどう使うか、すなわち、どう使って戦うのかが利益につながる事だと考えます。あなたのマンション経営を見直す際の「セカンドオピニオン」として戦略的にアドバイスいたします。

あなたは気付いていますか

世界の経済が大きく変化しています。変化する時代のスピードに付いて行けない経営者の考え方ではマンション経営の成功は望めない。情報があふれかえる超情報化社会の中において最善の手段を知って経営の見直しをすればそこに成功がある事をご存じですか。

不動産業界の現在

不動産業界は少子高齢化で人口は減少、住宅の供給過多、地方の空洞化などにより空家問題を抱えています。新型コロナウィルスによるインバウンド需要の崩壊、人々の移動の制限、求められる形も変化していきます。

あなたはできていますか

マンション経営の手法は様々です。地元の不動産会社やマンション管理会社に管理運営を委託している方、委託せずに自ら管理運営されている方、マンション経営の壁にぶつかった時、あなたはどのように対処しますか

あなたの不安を解消するには

不動産・マンション経営においてあなたが不安を持つことがあるとすればそれはお金に関する事です。空室期間が長引く、入居率が悪くなる、さらに、管理やメンテナンスに費用が掛かり手元に利益が残らない。短期的な収入だけを考えるのではなく長期的な目線で未来を見る事ができれば自ずと不安は解消されます。

マンション経営において
セカンドオピニオン=第三者のアドバイスが必要です。



「金利」は動かないと思っていませんか?
銀行との金利
交渉が重要である

  • 決算書の見直しが必要
  • 税金の考え方
  • 経費の使い方
マンション管理を効果的にアドバイス
・近隣の競合マンションを知ること
・家賃の誤差を見直し
・リフォームの見直し
・設備の内容(エレベーター・受水槽等)
などのランニングの金額内容の見直し
・募集要項の見直し
・保険の見直し




  • 金利の交渉は重要ポイント
  • 親から相続した資産、運営が分からない場合もアドバイスします
  • 保有し続けるのか、手放すのか、戦略的に判断し利益につなげます
  • 資産運営は考え方が重要。わからない、難しいと思った時には相談相手がいる時代

ご相談はこちらよりお願いいたします

お問い合わせフォームよりご登録ください、担当者よりご連絡をさせていただきます。